学習法・ポイント

登録販売者|第2章:人体の働きと医薬品 学習法・ポイント③

第2章❸

前回の第2章:人体の働きと医薬品 学習法・ポイント②の続きです。

りっすん
りっすん
こちらで2章も最後!出題傾向の高い項目を絞ってまとめています。

泌尿器系(腎臓・副腎・尿路)

難易度:

腎臓

腎臓から尿道までのイアラスト

腎臓横隔膜の下背骨の左右両側に位置する、一対の空豆状の臓器
心臓から排出される血液の5分の1~4分の1が流れている

腎臓の機能単位ネフロン
腎小体尿細管とで構成されている

尿が作られる仕組み

腎小体尿素などの老廃物・血球たんぱく質以外の血漿成分がろ過され、原尿として尿細管へ入る

                 ⇩

尿細管で、原尿中の有効成分(ブドウ糖・アミノ酸・水分・電解質)が再吸収される

                 ⇩

老廃物がろ過され、余分な水分、電解質とともに尿になる

りっすん
りっすん
ネフロンについては構造について出題されることがあるので、よく覚えておこう!

 

腎臓の働き

  • 血液中の老廃物の除去水分・電解質(特にナトリウム)の排出調整
    (血圧を一定範囲内に保つために重要な役割)
  • 内分泌腺としての機能(骨髄における赤血球の産生促すホルモンを分泌)
  • ビタミンD活性型ビタミンDに転換(骨の形成や維持)




副腎

腎臓の構造のイラスト

副腎腎臓の上部に位置する内分泌器官(皮質髄質の2構造)

それぞれの働き

副腎皮質
  • 副腎皮質ホルモンを産生・分泌
  • アルドステロン→体内に塩分・水を貯蓄し、カリウムの排泄を促す
副腎髄質
  • アドレナリンノルアドレナリンの産生・分泌

尿路

腎臓から尿道までのイアラスト

尿路腎臓から膀胱を経て尿道に至る尿の通り道

とらお
とらお
健康な状態であれば、尿中に細菌などの微生物は存在しないよ!

膀胱:尿を一時的に溜める袋状の器官

膀胱の出口には括約筋があり、括約筋か緩むと同時に排尿筋が収縮し、尿が尿道へと押し出されます。

感覚器官(目・鼻・耳)

目の構造のイラスト
眼球の各部位の働き

角膜:黒目の部分を覆う透明な角膜
強膜:黒目以外の乳白色の結合組織(白目の部分)
強膜には6本の眼筋がつながっていて、眼球を上下左右斜めに動かす

眼を酷使すると

  • 眼筋の疲労
  • 毛様体の疲労
  • 涙液の不足

    などにより、目のかすみ・充血・痛みなどの症状(疲れ目)が起きる

虹彩:同行の拡大・縮小(眼球に入る光の量の調節)
房水:角膜や水晶体に栄養分・酸素の供給(血管が通っていないため)
硝子体(透明なゼリー状の組織):水晶体から網膜までを覆う
網膜:角膜に差し込んだ光の焦点を結ぶ
網膜には、光を受容する視細胞があり、視細胞→神経線維→視神経に繋がる。

視細胞には

  1. 色を識別する細胞
  2. わずかな光でも敏感に反応する細胞(ビタミンAが不可欠)   

があり、ビタミンAが不足すると夜間視力低下(夜盲症)を生じる

結膜眼瞼の裏側強膜とを結ぶように覆って組織を保護
結膜の充血→白目だけではなく眼瞼の裏側も赤くなる
強膜の充血→眼瞼の裏側は赤くならず、白目の部分がピンク味を帯びる

りっすん
りっすん
まず、各部位の働きをしっかり覚えよう!




嗅覚情報の受容器官

鼻腔:薄板上の軟骨とでできた鼻中隔によって左右に仕切られている

鼻中隔の前部

  • 毛細血管がたくさん分布している
  • 粘膜が薄いため傷つきやすい

鼻腔の上部

  • 粘膜に特殊な神経細胞(嗅細胞)がある

副鼻腔:骨の強さ・形を保ちつつ重量を軽くするための空洞

りっすん
りっすん
副鼻腔炎(蓄膿症)が起きる部分だよ。

鼻腔と同様、繊毛を有し粘液を分泌する細胞でできた粘膜で覆われている

耳の構造のイラスト

外耳中耳内耳からなる

それぞれの働き

外耳
(耳介・外耳道)
  • 耳介は軟骨組織が皮膚でおおわれたもの(耳のこと)で、外耳道の軟骨部に繋がっている
中耳
(鼓膜・鼓室・耳小骨・耳管)
  • 鼓室内部では、連結した3つの耳小骨が鼓膜の振動を増幅し内耳へ伝達
  • 鼓室は耳管という管で鼻腔や咽頭と通じている
内耳
(聴覚器官である蝸牛平衡器官である前庭からなる)
  • 蝸牛:内部はリンパ液で満たされている
  • 前庭:耳石器官(水平・垂直方向の加速度)・半規管(体の回転・傾き)を感知する器官にに分けられる
  • 前庭内部もリンパ液で満たされている
りっすん
りっすん
小さな子供は耳管が太く短く水平に近いからウイルスや細菌が入りやすく、感染が起きやすい!!

とらお
とらお
眼や耳の構造は、細部に渡る部位名と働きを、イラストなどで徹底的に覚えてね!試験に頻出です!

脳や神経の働き

全身を通る神経系のイラスト

神経系神経細胞が連なった組織→ここで体の情報伝達の大半の役割を担っています。

神経系は以下の2つに分かれます。

  1. 中枢神経系
  2. 抹消神経系

中枢神経系

中枢神経系脊髄から構成される

:大脳・間脳・小脳・脳幹からなる

脳の中枢のイラスト

脳では、

血液:心拍数の約15%
酸素:全身の約20%
ブドウ糖:全身の約25%

と、多くを消費しています。

血液脳関門:脳の毛細血管における中枢神経の間質液環境を、血液内の組織変動から保護するように働く機能

脊髄延髄でつながっている
脊髄は脊椎の中にあり、脊髄反射(抹消からの刺激に、脳を介さずに刺激を返す)を起こす場合がある

とらお
とらお
熱いものに触れたとき、思わず手を引くよね!あれが脊髄反射だよ。

延髄には

  1. 心臓中枢:心拍数を調整
  2. 呼吸中枢:呼吸調整

など、生命を維持するために大切な中枢がある




末梢神経系

抹消神経系自律神経系・体性神経系に分類される

それぞれの機能

自律神経系
(交感神経系・副交感神経系)
呼吸・血液循環などの、生命や身体機能の維持を担う(無意識に働く)
体性神経系
(知覚神経系・運動神経系)
随意運動知覚などの機能

自律神経系交感神経系副交感神経系からなる(2つの神経系は互いに拮抗して働く)
各臓器・器官は、この2つの神経線維に支配されています。

放出される神経伝達物質

  • 交感神経系の節後繊維末端からノルアドレナリン(例外汗腺を支配する交感神経系の節後繊維末端からアセチルコリンが放出される)
  • 副交感神経の節後繊維末端からアセチルコリン

自律神経系が器官に及ぼす影響

器官交感神経副交感神経
瞳孔散大瞳孔収縮
唾液腺唾液分泌少量(粘度がある)唾液分泌亢進
心臓心拍数増加心拍数減少
末梢神経収縮拡張
器官・気管支拡張収縮
血管の収縮胃液分泌亢進
運動低下運動亢進
汗腺発汗亢進 
膀胱排尿筋の弛緩排尿筋の収縮

自律神経が及ぼす影響は、3章での薬の働きにも非常に重要です。

3章へ進む前にしっかり覚えておきましょう!!

第2章❸のまとめ

これで第2章も終わりです。

この章は、部位名を図で覚えるとそこまで覚えるのに苦労はしませんが、各部位の働きは復習して覚えるしかないので、頻出箇所だけでもしっかり学習しておきましょう!

全てはまとめきれないので、ある程度の頻出箇所を優先的にまとめました。

ここにまとめていない項目もあるので、テキストできちんと確認してください!

りっすん
りっすん
隙間時間などに使ってみてね!

おすすめテキスト・問題集のタイトル画像
登録販売者試験|独学で合格する!おすすめテキスト・情報サイトまとめ!2019年度登録販売者試験を独学で合格するためのおすすめテキストをご紹介!テキスト選びはとても重要。テキストの選び方や受験者に愛用されているテキストをまとめました。どれを選べばいいの?沢山あって分からない!というお悩みを解決し、あなたにピッタリのテキストが見つかります。...
月額980円からのオンラインスクール”オンスク.JP”

様々な資格講座が月額980円からで受け放題!
\月額だから/
利用期間は自分次第!

専門講師による分かりやすい映像教材
魅力のオンラインスクール!

詳細は以下から!

【オンスク.JP】

登録販売者受験者に選ばれている人気の通信講座「たのまな」
たのまな

資格の通信講座「ヒューマンアカデミー」は、他の通信講座と比較して
価格が低い・在籍期間最長・サポートが充実
の登録販売者試験受験者に人気の通信講座です。 

まずは無料で資料請求!

詳細はこちら

https://prf.hn/click/camref:1100l4Nd5