登録販売者

登録販売者試験|受かりやすい県はここ!!合格率ランキング!

登録販売者試験の全国合格率ランキング
最新版★登録販売者試験
全国合格率ランキング!

2021年の登録販売者試験も無事終わり、各ブロックの合格率も出そろいました!
合格率の平均は例年に比べどのように変化したのでしょうか。

登録販売者試験は各都道府県・ブロックによって実施され、それぞれ合格率が異なります。登録販売者試験は、

どの県で受験してもOK!
他ブロックでの受験も可能!

できれば、合格率の高い県で受験したいと思いますよね!

現在は、他県での受験はできません。ご自身が受験する都道府県の合格率としてご確認ください。

各県の合格率は例年変わらない傾向にあります!
その点、合格率を知っておかないと意味がないので、こちらでチェックしておきましょう!

登録販売者試験合格率ランキング

粘度で作った日本列島こちらは、厚生労働省の過去5年のデータから、各都道府県・ブロックごとに合格率の高い順でまとめました。これから受験される方は是非参考にしてください♪

出典:厚生労働省「これまでの登録販売者試験実施状況等についてを参考に登録販売者.Link作成

合格率1位~3位

合格率が飛躍的に上昇!堂々の1位!

ランキング1位 

北陸・東海ブロック
(富山・石川・岐阜・静岡・愛知・三重)
2020年までの過去5年平均:47.1%

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
富山53.3%43.5%43.7%35.5%49.1%45.0%
石川51.9%43.1%37.1%34.6%44.0%42.1%
岐阜53.0%46.2%42.3%37.2%47.7%45.2%
静岡57.0%50.4%53.2%47.4%56.4%52.9%
愛知59.1%56.0%48.4%42.0%50.3%51.1%
三重52.2%53.1%47.5%44.2%51.4%49.7%
年平均54.4%48.7%45.4%40.1%49.8%年平均(5年)
47.7%

2018年から落ち込んでいましたが、2021年は50%台と例年高い合格率をキープしているように見えます。
また、各都道府県ごとに見ても平均約50%台以上と見て取れ、全体的に合格率が高い印象です!

県ごとの平均も年平均も共に
高い合格率のブロック!

今回は2位から堂々の1位となっています!

王道の1位から下降!

ランキング2位

北海道・東北ブロック
(北海道・青森・岩手・宮城・福島・山形・秋田)
2020年までの過去5年平均:52.9%

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
北海道42.4%47.4%64.3%58.6%62.4%46.5%
青森39.4%43.1%61.0%49.8%54.2%49.5%
岩手41.3%50.1%56.9%50.6%57.4%51.2%
宮城43.4%44.2%61.9%56.6%62.1%53.6%
秋田32.7%39.1%57.0%49.0%60.5%47.7%
山形38.5%44.4%60.0%52.8%58.0%50.7%
福島35.4%34.1%59.2%47.5%56.7%46.6%
年平均39.0%43.2%60.0%52.1%58.8%年平均(5年)
51.0%

以前まで、他県からの受験者もかなり多いブロックでしたが、2021年は2020年に比べて合格率はぐっと下がりました。しかし年平均の高い水準は保っています。

年平均は堂々の50%以上!!

しかし、県ごとに見ると合格率の低下が大きく、試験問題の出題傾向に変化があったのかもしれません。

例年より合格率が極端に下がってきている為、今回は2位とさせていただきました。

2位から下降!

ランキング3位
奈良ブロック
(奈良県)

2020年までの過去5年平均:48.0%

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
年平均(5年)
奈良48.9%35.5%57.5%41.6%51.7%47.0%
こちらは昨年より10%以上合格率が上がりました!
過去例年の合格率は約50%台と非常に合格率が高い県でしたが、2020年は30%台と合格率が大きく下がっていました。
しかし昨年はまた大きく合格率が上がっています。
年毎に試験問題の出題傾向が変化しているのでしょうか。

また、2020年は受験者数が減ったなど様々な要因あったかと考えられます。

 
 

合格率4位~6位

変わらずの安定!?
 
ランキング4位

関西広域連合ブロック
(滋賀・京都・大阪・兵庫・和歌山・徳島)
2020年までの過去2年平均(関西広域連合のみ):49.2%

※関西広域連合となってからの過去平均のデータが少ない為、今回は4位とさせていただきました。

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
滋賀関西広域連合
56.3%
関西広域連合
39.7%
関西広域連合
58.8%
29.3%41.6%-%
京都38.6%51.7%
大阪48.4%49.7%
兵庫36.2%51.3%
和歌山30.9%60.5%
徳島32.5%44.7%
年平均56.3%39.7%58.8%36.0%49.9%年平均(3年)
関西広域連合でのカウント

51.6%

※2019年から大阪と近畿(福井県外れ)が関西広域連合となり、1つのブロックとなりました。

2019年にブロック編成があり、2019年からのデータでは関西広域連合としてのデータとなるため、県平均には含めておりません。
合格率55%以上が多く、ブロックとしての合格率はこちらも非常に高くなっています。

関西広域連合となる以前では、年平均は低いブロックではありましたが、これを見るだけでも合格率が上がってきていることがわかります。

最下位から上昇!

ランキング5位

四国ブロック
(香川・愛媛・高知)
2020年までの過去5年平均:37.8%

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
香川63.6%50.6%31.7%38.7%45.0%45.9%
愛媛64.6%48.2%34.0%36.0%39.5%44.5%
高知52.4%39.7%25.0%34.7%33.6%37.1%
年平均60.2%46.2%30.2%36.5%39.4%年平均(5年)
42.5%

※2019年から徳島県は関西広域連合へ含まれたため、過去データからは除いています。

合格率30%台が例年多い…!しかし、2021年は一気に合格率が上がりました!
例年を通してみると、2021年は各都道府県ごとにみても大きく合格率が伸びています。

実際に過去問をこなしていた時、四国ブロックは他ブロックに比べて問題の難易度が高かったのを感じていましたが、この合格率はすごく高いです。

しかし例年の差が大きすぎるため、このランクとさせていただきます。

昔は難易度高め!の四国ブロック!

ランキング6位

中国ブロック
(鳥取・島根・岡山・広島・山口)
2020年までの過去5年平均:35.8%

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
鳥取60.4%38.5%29.6%28.5%27.1%36.8%
島根57.4%50.0%39.6%30.6%31.3%41.8%
岡山64.9%49.4%34.3%28.4%27.5%40.9%
広島66.7%58.1%46.6%34.4%36.9%48.5%
山口68.8%54.0%37.1%30.6%27.1%43.5%
年平均63.6%50.0%37.4%30.5%30.0%年平均(5年)
42.3%


2019年までは安定しておらす、35%台という厳しい合格率でしたが、2020年から各県飛躍的に合格率が伸びています。

西日本は、合格率が例年低い傾向にありましたが、2021年は全国的に合格率が同等になってきているように見えます。

合格率7位~10位

5位から7位へ!

ランキング7位

九州・沖縄ブロック
(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)
2020年までの過去5年平均:42.5%

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
福岡48.6%47.5%44.2%52.7%33.5%45.3%
佐賀39.4%39.7%42.1%48.8%29.7%40.0%
長崎44.0%41.8%48.2%55.5%33.0%44.5%
熊本43.9%43.2%40.9%57.0%34.0%43.8%
大分43.4%46.8%46.2%51.1%34.8%44.5%
宮崎42.9%35.3%39.3%46.1%34.1%40.0%
鹿児島35.1%36.5%35.4%43.9%32.1%36.6%
沖縄56.3%35.9%30.9%46.1%26.7% 39.1%
年平均44.2%40.9%40.9%50.2%32.2%年平均(5年)
41.7%

2020年は合格率が昨年に比べて変わらずでしたが、2021年は直近2年から合格率が上がっています。
毎年多少ムラがありますが、こちらは毎年約40%台と認識しましょう!

ここからはお馴染みの顔ぶれです

ランキング8位

関東・甲信越ブロック
(茨城・栃木・群馬・新潟・山梨・長野)
2020年までの過去5年平均:35.8%

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
茨城47.8%44.0%35.5%37.3%33.7%39.7%
栃木42.8%43.1%32.1%35.6%30.5%36.8%
群馬50.9%46.6%34.6%36.0%32.4%40.1%
新潟46.2%37.6%35.8%41.8%33.3%38.9%
山梨44.5%32.1%38.4%37.2%32.6%40.0%
長野46.1%31.8%31.9%37.5%30.1%35.4%
年平均52.1%39.2%34.7%37.6%32.1%年平均(5年)
39.1%

例年30%代であまり変化はなかったブロックですが、2021年は年平均50%台と合格率に大きな変化がありました。

しかし例年と差が大きいため、このランクとさせていただきます。

新しく登場!福井単独ブロック

ランキング9位

福井ブロック
(福井)
過去5年:35.1
(2019年までの平均:35.1%)

 2020年
/R2
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
年平均
福井48.8%34.8%40.7%19.5%37.4%36.2%

※2019年から福井県は以前の近畿ブロックから外れ、単独となりました。

最も合格率が低いのはここ!!

ランキング10位

首都圏ブロック
(東京・神奈川・千葉・埼玉)
過去5年平均:34.2%(2019年までの平均:34.2%)

 2021年
/R3
2020年
/R2
2019年
/R1(元)
2018年
/H30
2017年
/H29
県平均
埼玉40.8%30.1%23.4%32.1%38.4%33.0%
東京43.2%34.4%24.8%36.0%40.5%35.8%
千葉41.4%33.0%26.0%35.4%42.7%35.7%
神奈川48.8%38.7%28.2%39.4%46.7%40.4%
年平均43.5%34.1%25.6%35.7%42.1%年平均(5年)
36.2%

受験者数が多いと考えられる首都圏でのこの合格率は、かなり難易度も高いと見れます。
2021年は合格率が戻っており、10%も差が開きました。

他県での受験ができないこともあり、受験者が集中したのかと思います。

以上が、各ブロック毎の都道府県の合格率となります。
2020年から、受験者も苦労を強いられた方が多いと思います。
それによる影響で例年とは異なる合格率となったところもありますが、過去分からの合格率をぜひ参考になさってください。

 

受験におすすめの県

輝かしいトロフィー最新版のランキングをご紹介しましたが、多少の入れ替わりがありました!

しかしブロックの編成などで、長期的に見れるような合格率ではないと思えますので、受験におすすめの県は昨年とほぼ変わらず..

毎年高い合格率のこの3ブロック!

  1. 北陸・東海ブロック
  2. 北海道・東北ブロック
  3. 奈良ブロック

がおすすめです!

王道だった東北地方ブロックは今回から外れました!

滑り止めとして受験する方や、一発で合格する可能性を上げるために受験するなど、毎年沢山の方々が受験していた北海道・東北ブロック。

東北ブロックの福島県では、2019年、これまで1か所だった試験会場が2か所となるなど、毎年関東ブロック・首都圏ブロックの受験者など沢山の方が集中していましたが、現在試験会場は1か所となり、また現在は他県での受験は全国的に行っていません。

その為、個人としても年に1度の登録販売者試験となってしまった現在ですが、この合格率を参考にしながら、沢山のブロックの過去問題にチャレンジしてください!

合格率を比較して分かること

合格率の開きが大きい!

比較してみると、同じ資格試験でも合格率は30%~60%と、かなりの開きがあるのがわかります。

なぜこんなにも差があるのか?

  • 登録販売者試験は各県都道府県ブロックにより試験問題の内容が異なる
  • 受験資格の撤廃により受験者の増加も影響

ということが理由だと考えられます。

受験資格がなくなり、未経験の受験者も増加しているため、合否に影響してることが考えられます。

また、全国の過去問題を実際にやってみて、問題自体の難易度の違いが結構あると私も実感しました。
とは言え、試験問題は内容が違えど、難易度は全国同じになるよう作成されているのですが、出題傾向が異なるものが多いように感じます。

個人的には、「全国同じ問題にしてよ。(-“-)」と思ってしまいます..。

登録販売者試験|受かりやすい県・合格率ランキングまとめ

今回は過去5年分の合格率データより、受かりやすい県をランキング形式でご紹介しました!

全国合格率ランキング

1位 北陸・東海ブロック
2位 北海道・東北ブロック
3位 奈良ブロック
4位 関西広域連合
5位 四国ブロック
6位 中国ブロック
7位 九州・沖縄ブロック
8位 関東・甲信越ブロック
9位 福井ブロック
10位 首都圏ブロック 

せっかく頑張って勉強したのに、あと少し..!のところで不合格になりたくないですよね!

もし可能な方は、以上のような合格率の高い県での受験をするほうが合格圏内に入りやすいので、合格するための戦略として考えるといいと思います!

試験は合格する為に受験するので、必要な情報はどんどん集めましょう!

登録販売者独学おすすめテキスト
登録販売者試験【2022年最新版】独学おすすめテキスト・情報サイトまとめ!2022年度登録販売者試験を独学で合格するためのおすすめテキストをタイプ別でご紹介!どれを選べばいいの?沢山あって分からない!というお悩みを解決し、あなたにピッタリのテキストが見つかります。...
登録販売者の通信講座比較のタイトル画像
登録販売者試験|通信講座の選び方・費用・特徴を徹底比較!あなたはどれ?登録販売者受験者に人気の通信講座、3社を徹底比較!これを読めばあなたに合う失敗しない通信講座選びが出来ます。通信講座は沢山あるし高くてどれを選ぶか迷う!通信講座の内容ってどんなもの?結局どれが一番いいの?そんな疑問を解決します。...
選ばれている登録販売者の通信講座
ランキング1位
汎用
新しく「eラーニングコース」も加わり更にパワーアップ!!受験者の要望を総合的に満たしている通信講座!
「たのまな」なら、各種割引や期間限定価格もあり!
 
おすすめ度
費用(税込)通常コース¥37,700
eラーニング¥44,800
在籍期間6ヶ月~18ヶ月
選ばれている理由受験者の要望を総合的に満たしている通信講座!

無料資料請求

紹介記事を読む

ランキング2位
通信講座の王道「ユーキャン」!
資格試験初心者にも分かりやすい豊富なテキストや学習カリキュラムで初心者でも安心!理解を深めるならユーキャンで決まり!
おすすめ度
費用(税込)¥49,000
在籍期間8ヶ月~14ヶ月
選ばれている理由初心者でもじっくり理解を深めてサポート充実!

ユーキャンの登録販売者講座

紹介記事を読む

ランキング3位
不合格でも安心の全額返金保証の「キャリアカレッジ」!
合格した場合は資格講座を無料で1プレゼント!スキルアップもできる&サポート内容も充実で受験者の不安も解消!
 
おすすめ度
費用(税込)¥38,500(ネット申込み限定価格)
在籍期間3ヶ月~12ヶ月
選ばれている理由不合格の場合全額返金保証あり!(条件あり)

無料資料請求

紹介記事を読む

登録販売者オンラインスクール”オンスク.JP”



講座が月額1,078円~(税込)で受け放題!
TAC資格スクールのノウハウが詰まった
専門講師による分かりやすい映像教材
魅力のオンラインスクール!

【オンスク.JP】

紹介記事を読む