登録販売者

登録販売者試験|試験の概要・試験当日の様子や注意点まとめ!

試験当日の様子・注意点とは

登録販売者試験は当日どのように行われるのか実際に受験しないとわからない点も多くあります。
「筆記用具以外に何を持っていくといいの?」「本番での注意点は何?」など、これから受験を控えている方には不透明な部分が多く不安ですよね。

そこで今回は、

試験での注意点
試験当日の持ち物
試験当日の様子

などをご紹介します!

細かな点が多いですが”知っておくといい情報”もあるので、必ずチェックしておきましょう!

\これで試験当日の時間も効率よく過ごせますよ♪/

登録販売者試験の概要

チェックの文字を指し示す指さし棒

まずは、登録販売者試験の概要をチェックしておきましょう!

登録販売者試験は午前と午後の2部構成で行う

午前:60問(120分)
午後:60問(120分)
休憩:45~1時間(外出可能)

登録販売者試験は次の事項について行う

第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)
第2章:人体の働きと医薬品(20問)
第3章:主な医薬品とその作用(40問)
第4章:薬事関係法規・制度(20問)
第5章:医薬品の適正使用・安全対策(20問)

登録販売者試験は筆記試験でありマークシート方式で行う(選択問題)

\イメージとしてはこんな感じです!/

鉛筆で埋められている試験解答のマークシート

登録販売者試験はこのような概要で実施されます。

では、試験当日にはどんな注意点があるのか、早速以下で確認していきましょう!
経験してみないと気付かない点もあるので、しっかり確認してください。

試験当日の注意点

では早速、試験当日の注意点を挙げていきます!

出題項目の順番

ランダムに並んだ数字

登録販売者試験は上記5項目を午前・午後に分けて行いますが、各地域によって必ずしもこの順番通りではない場合があります。

苦手な章が午前に組み込まれている場合は、前日にしっかりと苦手な箇所を復習し、頻出箇所を詰めておくなどの対策が必須です。

登録販売者の試験案内が開示された際は、試験項目がどんな順番で行われるのかを早めに確認しておくようにしてください。

りっすん
りっすん
各県の登録販売者試験の案内などに各部の試験項目が記載されてるので、しっかり確認しておこう!




マークする箇所

マークシートと鉛筆

これは私も試験後不安だったのですが、問題を解く事にどうしても集中してしまうので、マークシートのマークする箇所を間違えてしまっていた..なんてことも起こりえます!

りっすん
りっすん
実際にこれで点数を落とし、不合格になってしまった方もいます。。

いちばん気を付けたいのは、1問飛ばしてマークしてしまい気づかないことです。(解答が全て1つづつずれていってしまいます..)
また、気づいた時に焦ってマークし直すことにより、更に誤った個所にマークしてしまうなど二次災害を招くきっかけにもなります。

試験本番でこんなことにならない様に、しっかりマーク箇所を確認しながらマークしてください。

試験会場での受付

受験者数にもよりますが、当日会場では、受付に長蛇の列が出来ます。
私の場合は30~40分程並びましたね…。

当日、試験前に最後のチェックをしたい方は、早め早めに会場に出向くことをお勧めします!

駐車場も早めにいかないと埋まってしまう可能性があるので、公共交通機関を利用する等余裕をもって会場へ到着できるようにしておきましょう。

試験中のトイレ

トイレの案内板

試験中にトイレに行きたくなってしまった時は、挙手をして、係員同伴の元で行くことが可能です。

しかし、その分貴重な時間を無駄にしてしまいますし、試験中に席を立つ方はほぼいませんのでちょっと恥ずかしいです。
試験当日は会場内トイレも非常に込み合いますので、試験開始前に早めに済ませておきましょう!

とらお
とらお
緊張するとトイレに行きたくなる人は要注意だね!

テキストなどの置き場所

開いたテキストと2本のペン

試験中は、カンニングなどの不正がないか後方からチェックしている係員がいます。

持ち込んだテキストなどは安易に自分の視界に入らないないように、テーブルの下や、バックに入れバックの口を塞ぐなどしてください。
誤解されて全て水の泡では元も子もないですので、気をつけましょう!

試験当日の服装

意外とこれがいちばんかもしれません!
試験当日の服装は自由ですが、何が注意かというと、暖房・冷房対策です。
意外とこれが想定外だったという受験者の声が多いです。

座席によってエアコンの風が集中する場所や、逆になかなか当たらない場所もあり、体温調節がしにくく集中できなかったという声が沢山あります。

何でもいいので、一枚薄手の羽織物を持って行くことをおすすめします!




試験の辞退や受験票の紛失

登録販売者試験を自身の都合で当日辞退する、そんなとも起こりえると思います。
その場合、受験料は返金されませんのでご注意ください。(自然災害などの場合は返金される可能性もあり)

また、当日受験票を無くしてしまった方なども実際にいるようです。
その場合、仮の受験票を発行してもらえるようですが、念のため申し込みをした都道府県に前もって対応を確認しておきましょう!

試験当日の持ち物

試験の持物の受験票とマークシートと鉛筆

試験当日の持ち物は、筆記用具や受験票はもちろんですが、その他必要なものは以下です。

試験への持ち物

  1. HB又はBの鉛筆2本+手動の鉛筆削り
  2. 消しゴム
  3. 受験票
  4. 勉強したテキストやノート
  5. お弁当・飲み物
  6. 腕時計
  7. 薄手の羽織もの

筆記用具について

マークシートへの解答は、基本的に鉛筆で行います。
最近では、シャープペンでも可能な地域もありますが、その場合でも、念の為鉛筆も持参することをおすすめします。

りっすん
りっすん
僕は手動の鉛筆削りも持参したよ!

鉛筆では、落下させてしまい芯が折れてしまう・筆圧により折れてしまう場合があるので、是非一緒に鉛筆削りも持参していきましょう。
試験開始前、係員に「テーブルの上に出していてもいいか」と確認したところ、出していてもいいと許可を得ましたが、持参する方は同様に必ず係員に確認してください!

お弁当について

試験当日は昼食は出ません。昼食は各自持参となります。
休憩中に勉強をする場合は、簡単に食べられるお総菜のパンなどがおすすめです。

会場近くにコンビニや飲食店がある場合はそちらで購入しても大丈夫ですが、近くに何もない場合もありますし、勉強時間を確保したい方は先に準備しておくといいでしょう。

腕時計について

会場にも時計はありますが、問題を解く時間配分や進捗をきちんと確認するためにも、手元で時間を確認できるよう腕時計は持参していきましょう。

「何度も顔を上げて疑われてしまう」なんてことにもなりかねないので、そういったリスクを減らすためにも持参することをお勧めします。

テキストについて

これまで勉強に使用してきたテキストなども、試験会場へ持ち込み可能です。

しかし上記注意点でもお話ししたように、不正とみなされない様、試験開始には自身の目の触れない場所へ置くように注意しましょう。

当日自己採点が出来る

解答に丸を付けて採点しているところ

試験では、45分~1時間の休憩があります。

もちろんご飯を食べながら午後の部の項目の復習をすることも可能なのですが、何やら午前の部の試験問題に書き込んでいる方も..。

実は、その日開催されている登録販売者試験の解答速報が見れるんです!

早いときでは、午前の部が終わった段階で午前の解答が出ます!
みんな休憩中に午前の部の自己採点をしていたんです。

休憩中に自己採点をすることによって、

午後の部でどのくらい点数を取らなければならないか
その為にはどの弱点を復習すべきか

が把握できます。

りっすん
りっすん
試験問題は、各自持ち帰ることが可能です!

自己採点をするためには、試験問題へマークした解答の番号を記載しておくことが必要です。マークした番号を記載しておかないと、自己採点が出来なくなるので忘れずに行いましょう。

また試験終了後、会場内で採点をしてくれるブースが設けられているところもあります。
ただし、有料の場合があるので利用する際には確認してください。

終わった人から退出できる

登録販売者試験は各部120分と時間が定められていますが、解答が終わり次第会場を出ることも出来ます。
(試験開始から退出可能になるまでは、時間が定められています。)

この際も、挙手による係員の許可が必要です。

例えば午前の部の試験で、「午前の部は大丈夫そうだから、退出して午後の部の勉強をしよう」なんてことが出来るんです。

当日の少ない時間を効率よく使えますが、悪魔でも自分の出来高によりますので、むやみに退出することはおすすめしません。

一度退出するとその部の試験終了までは戻れません。

試験の項目や時間・試験中の退出やお手洗いなどに関しては、試験開始前に係員から説明があります。指示にはしっかり従うようにしましょう。

試験会場・試験中の様子

試験会場の様子

私の場合は約3000人ほどの受験者がいた為、とても大きなホールでの試験でした。

その大きなホール内に、テーブルとパイプ椅子がズラッと並んでおり、受験者番号ごとに席が指定されており、探すのがちょっと大変でした。

試験中の様子は、空調の音と問題用紙をめくる音・マークを染める音だけが響き、大人数の会場でしたがとても集中できる環境でした。

その中で、試験中に退出していたのは100人はいないくらいと感じましたが、お手洗いには誰も立ちませんでした。

実際に試験をやって思ったこと

試験当日はやはり緊張しますし、試験と同じ出題形式の過去問に慣れていても、当日は周りの環境が変わるのでなかなかいつもと同じような感覚でいることが難しいです。

その為、過去問と同じような問題でも「引っかけじゃないかな?」と慎重になってしまうので、逆に深読みしてしまい間違ってしまうこともあります。

自分の解答が疑い深くなってしまうので、何度も過去問をこなしているなら自分の直感を信じたほうがいいです!

私もついつい深読みしてしまい、最初の解答で正解したものを訂正して間違えた箇所があり、自己採点の際にヒヤッとしました。

りっすん
りっすん
結構同じような経験をされている方が多いので、自信をもって試験に挑んでください!

登録販売者試験当日の注意まとめ

今回は試験の概要・当日の様子・注意点をいくつかまとめてみました。

今回のポイント

  • 出題項目の順番がテキストの順番通りではない場合もある
  • マーク箇所に注意する
  • 鉛筆は一応持参する
  • 試験中トイレにいくことは可能
  • テキストの置く場所に注意
  • 服装は体温調節ができるような服装にする
  • 自己採点が出来る
  • 試験問題は持ち帰ることが出来る
  • 終わり次第退出可能

各会場、実施する県によって多小違いはあるかもしれませんが、イメージを掴めるだけでも「試験当日の隙間時間を利用して何をしようかな?」と予定を立てることが出来ますよね!

試験当日の限られた隙間時間を無駄に過ごすことのないように、試験が近づいてきたら当日の予定をしっかり決めておきましょう。

りっすん
りっすん
当日は緊張するし、いつもと感覚が変わるから焦ってしまうこともあると思うけど、試験は自分の直観を信じて頑張ろう!

登録販売者おすすめテキストと過去問のタイトル画像
登録販売者試験|独学で合格する!おすすめテキスト・情報サイトまとめ!2019年度登録販売者試験を独学で合格するためのおすすめテキストをご紹介!テキスト選びはとても重要。テキストの選び方や受験者に愛用されているテキストをまとめました。どれを選べばいいの?沢山あって分からない!というお悩みを解決し、あなたにピッタリのテキストが見つかります。...
選ばれている登録販売者の通信講座
ランキング1位
たのまな
新しく「eラーニングコース」も加わり更にパワーアップ!!隙間時間の学習も可能に!総合的に受験者をサポートし、各種割引や期間限定価格もあり!
 
おすすめ度
費用通常コース¥37,700(税込)・eラーニングコース¥44,800(税込)
在籍期間6ヶ月~18ヶ月
選ばれている理由受験者の要望を総合的に満たしている通信講座!

無料資料請求講座申し込み

ランキング2位
通信講座の王道「ユーキャン」!資格試験初心者にも分かりやすい豊富なテキストや学習カリキュラムで初心者でも安心の通信講座!しっかり学べる内容も充実!しっかり理解を深めるならユーキャンで決まり!
おすすめ度
費用¥49,000(税込)
在籍期間8ヶ月~14ヶ月
選ばれている理由初心者でもじっくり理解を深めてサポート充実!

案内資料のご請求生涯学習のユーキャン

ランキング3位
不合格でも安心の全額返金保証付き!更に合格した場合には無料で資格講座を1つ受講できるスキルアップもできる通信講座「キャリアカレッジ」!サポート内容も充実で受験者の不安も解消!
 
おすすめ度
費用¥38,500(税込・ネット申し込み限定価格)
在籍期間3ヶ月~12ヶ月
選ばれている理由不合格の場合全額返金保証あり!(条件による)

無料資料請求講座申し込み

月額980円からのオンラインスクール”オンスク.JP”

様々な資格講座が月額980円~で受け放題!
\月額だから/
利用期間は自分次第!
TAC資格スクールのノウハウが詰まった
専門講師による分かりやすい映像教材

魅力のオンラインスクール!
詳細は以下から!

【オンスク.JP】

https://prf.hn/click/camref:1100l4Nd5