調剤事務

調剤事務の資格の種類って?取得方法は?調剤事務の資格を取るならコレ!

調剤事務の資格の種類のタイトル画像

登録販売者の資格取得を考える方では、調剤薬局事務の資格取得を考える方も多いですが、調剤薬局事務の資格はいくつか種類があるのはご存知でしたか?

調剤薬局事務の資格は、登録販売者のような国家資格とは異なり、各民間団体・学校・企業などが独自の認定基準で行っている「民間資格」となります。

その為、それぞれの団体により資格の名称や取得方法に違いがあります。

と言うと「どんな種類があるのかわからない!」「じゃどれを取るのがいちばんいいの?」と疑問になりますよね。

今回はそんな調剤薬局事務の資格について、

どんな種類があるのか・どれを取得するのがおすすめなのか

を解説していきたいと思います!

調剤薬局事務の資格概要・受験資格

先にお話しした通り、調剤薬局事務の資格は全て民間資格の為、それぞれ実施している団体が異なります。

民間資格

民間団体や教育機関などが独自の審査基準により認定し付与する資格

その為、主催団体ごとに資格名称が異なり、対応している講座も違います。

調剤薬局事務の資格の受験資格は、各資格によって異なり、受験資格がないものや認定講座を受講(通信または通学)することが条件として挙げられているものもあります。

りっすん
りっすん
つまり、独学では取得できない資格もあるということだね!

また、主催団体により資格の名称が違いますが、資格内容に関してはほぼ調剤事務として必要な知識全般となり、内容に大差はあまりありません。

ちょっとややこしい感じがしますが、早速下記にて、資格の種類や受験資格・対応講座についての詳細を確認していきましょう!

調剤薬局事務の資格の種類・講座

現在7種類ある資格の中でも、代表的なものを有力と言われている順に、対応講座を含めてご紹介します!

受験したい資格・気になる資格があれば、各講座に申し込みをする前に一度資料請求(無料)をして、カリキュラム内容や費用・資格での学習内容をしっかり確認しておきましょう。

無料の資料請求は下記詳細ページ(公式)からできます。

は、おすすめ度です!

唯一履歴書に記載することができる日本最古の最難関試験!

調剤報酬請求事務技能認定     主催:日本医療事務協会
  • 調剤報酬請求事務従事者として、必要な調剤報酬請求事務等の知識・技能レベルを有することを証明する
受験資格対応講座受講終了後、テストに合格
合格の条件毎年7月・12月に実施される修了検定試験に合格する
試験会場全国主要都市会場
合格率【1級】約20%・【2級】約40%・【3級】約60%
対応講座ニチイの調剤薬局事務講座 (講座の受講で在宅受験可)

履歴書に記載する資格は、この資格に限らず2級以上からが有力です!
階級ごとにレベルが違うので、各技能レベルを証明することが出来ます。
調剤報酬請求事務は、難易度も高く認知度も高いといわれています。

\詳しい詳細はこちら/

ニチイの調剤薬局事務講座

医療機関での認知度も高い!

調剤事務管理士         主催:技能認定振興協会 
  • 調剤報酬に関する基礎知識・仕組みを正しく理解し、調剤報酬を計算する知識とレセプト作成の知識を有する事務スタッフのスキルを証明する
受験資格なし(誰でも受験可能)
合格の条件検定試験に合格する(奇数月に開催)
試験会場全国主要都市会場
合格率60%前後
対応講座ユーキャンの調剤薬局事務講座 (通信講座の受講で在宅受験可)
DAIEI大栄資格スクール    

\詳しい詳細はこちら/

ユーキャンの調剤薬局事務講座

大栄の調剤薬局事務講座

中堅社員レベルを狙うなら!

調剤薬局事務士         主催:日本能力開発推進協会
  • 医薬品・処方に関する基礎知識と医療保険制度・保険薬剤師療養担当規則に関する専門知識とレセプト作成の知識を有することを証明する
受験資格対応講座受講終了後、講座受講開始から1年以内に受験する者
合格の条件修了検定試験に合格(カリキュラム終了後随時・1年以内なら何度でも受験可能)
試験場所在宅
合格率
対応講座キャリアカレッジの調剤薬局事務講座

\詳しい詳細はこちら/

キャリアカレッジの調剤薬局事務講座

難易度も易しく新入社員レベルを狙う!

医療保険調剤報酬事務士     主催:医療保険学院検定委員会
  • 調剤報酬の仕組みを正しく理解し、医療保険制度や医薬品に関する基本的な知識・正確に調剤報酬を算定して請求できる知識を有することを証明する
受験資格対応講座を受講し、講座内の3回のテストに合格する
合格の条件修了検定試験に合格(毎月実施)
試験会場在宅
合格率60%前後
対応講座ヒューマンアカデミー「たのまな」の調剤薬局事務講座

\詳しい詳細はこちら/

たのまなの調剤薬局事務講座

 

 

いくつか並べてみましたが、認知度が高く難易度が高いものから順にご紹介しました。

各資格ごとに対応している講座が異なり、試験概要も違っています。

資格内容自体は大差はありませんが、名称の認知度に多少違いがあります。

しかしどれも専門知識を学べる資格なので、知識の証明をするもの・現場で活かせる知識となる資格です!

各講座には、通信コース・通学コースがあるので、自分の希望のものから選びましょう。

下記リンクからまとめて各講座一括資料請求・複数の資料請求もできるので、気になる講座がいくつかある方は、まとめて取得して比較することをお勧めします!

\一括資料請求はこちらからできます!/

調剤事務資料一括請求はこちら

 

調剤薬局事務の資格の特徴

上記のように、受験資格や対応講座の違いに加え、更に調剤薬局事務の資格の特徴として挙げられる点は、

  • 会場試験ではテキストの持ち込みが可能・在宅でも受験可能な資格が多い
    (テキストを見ながら解答できるので暗記の必要なし)
  • 試験の実施日も年に1度ではなく、毎月や一月毎・年2回など実施されている回数が多い
  • 短期間の学習で合格できる
  • 年間の受験回数が多ため、自身のタイミングでの資格学習・受験が出来る

という点です!

この為、子育て中の方や仕事に従事してから・転職に向けて受験するといったことにも取り組みやすい資格と言えます。

とらお
とらお
女性や就活中の方・既に仕事に従事している方にも人気なことがうなずけるね!

りっすん
りっすん
登録販売者の資格取得後に、関連性のある資格として取得する人も多いんだよね。

民間資格の為、難易度も比較的に高い資格ではないので、興味のある方は是非資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

登録販売者の資格と併せて持っていると、調剤薬局事務員としてかなりスキルアップできますし、就職にも有利になります♪

調剤薬局事務の資格まとめ

今回は、登録販売者と同様に人気の調剤薬局事務の資格についてご紹介しました!

調剤薬局事務も、女性や仕事復帰を考えている方にとても人気の職業で、わたし個人としてもおすすめします♪

しかし、調剤薬局事務も専門知識が必要になる職業ですので、未経験の方やブランクのある方などは就職に有利になる為、資格取得を考えることもお勧めします!

比較的難易度が易しく、取得学習期間も短く取り組みやすい資格ですので、気なる方や取得を検討している方など是非参考にしていただければと思います♪

医療用医薬品はSirakus
登録販売者・調剤事務も使える!医療用医薬品はSirakusにお任せ!登録販売者の実務でいちばんの難関は、医薬品のプロ・薬剤師の知識でもある”処方薬(医療用医薬品)”についてではないですか? 私たちは薬剤...
処方箋はネットで簡単送信!EPARKで待ち時間短縮!
種類2

”EPARK”は処方箋のネット受付サービスです。

EPARKで待ち時間短縮
待合室での二次感染予防にも!

EPARK利用・サービス・登録は
全て無料!

処方箋受付はEPARKで簡単送信♪

EPARK薬の窓口

 

https://prf.hn/click/camref:1100l4Nd5